活性酸素と日焼けの関係 | メラニンの役割

活性酸素とは、体の中で酸素をエネルギーとして行われる代謝の過程で発生する、非常に強い酸化力を持った物質です。

体を病原性の細菌から守る、また肝臓の解毒作用を助けると言う役割を果たしている一方で、あまり多くの量になると、細胞を傷つけることもある物質です。

活性酸素によって細胞が傷つけられると、たとえば肌のたるみが発生したり、様々な疾病が発症したりします。

またガン細胞の誕生にも関係していることも明らかになっています。

活性酸素は、呼吸をして酸素を体内に取り入れることで発生します。

またそれ以外には、紫外線を浴びることも活性酸素を増加させるひとつの要因です。

さて、紫外線と言うと、それを浴びると肌がこんがりとしたこげ茶色、あるいは黒ずんだ色になる、いわゆる日焼けをする方は多いかもしれません。

何故、紫外線を浴びると日焼けをするのかと言うと、それはそのことによってメラノサイトと呼ばれる細胞が、メラニンと言う色素を作り出すためです。

メラニンと聞くと、シミのもとであり、美容面にとっては厄介な存在と思われる方が多いかもしれませんが、実はメラニンは、その色素によって活性酸素から体の細胞を守ってくれると言う役割も持っています。

ですから、日焼けをして肌がこげ茶や黒ずんだようになるのは、メラニン色素が紫外線を浴びたことで体内で大量に発生している活性酸素から、肌の細胞を守ってくれている証とも言えるのです。

もしメラニン色素がなければ、紫外線を浴びたことよる活性酸素の発生や、それによる肌細胞へのダメージはもっと深刻なものになっているのかもしれないのです。

メラニン色素は、一定の量であれば肌の生まれ変わり、ターンオーバーによってシミになる前に剥がれ落ちてしまいます。

しかし紫外線を大量に浴びすぎてしまった場合には、当然、その量も多くなってしまい、そうなるとターンオーバーで剥がれ落ちるのは難しくなり、シミとなって残ってしまうと言うわけです。

ですから、活性酸素から体を守り、更にはシミの発生を防ぐためには、過度な日焼けは避けること、紫外線対策をしっかりと行うことが求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です